キャッシングの審査のモデル属性2社から借入があると難しい

キャッシングを新たに申し込むときに、審査が当然あるのですが、その時に主な判断のポイントになるのが属性とローンや公共料金などの支払情報や利用履歴です。

この二つは、信用情報といいます。
属性は、申し込む人に関しての情報で、年収や職業、勤務先、年齢、家族構成などがあります。
モデル属性は、コンピューターでk自動的にスコアリングされて、判断材料と活用されます。
例えば、年齢では一般的には年齢が高いほど評価が高くなり、若いほど評価が低くなります。
ただし、20代後半から30代はキャッシングのメインターゲット層になるので、評価を高めにしているところが多いようです。
更に60歳を過ぎると評価が下がってしまい、65歳から70歳になると、申込み自体が出来なくなります。

また、職業では評価が高いのが公務員で、民間の大企業に勤務している場合も高い評価になります。
正社員でなかったりアルバイトやパート、派遣社員、更に自営業などは評価が低くなるようです。

また、他の2社などから既に借入などがある場合も、審査が通りにくくなります。

さらにこちら(⇒アコム無人契約機審査AS89について書かれています。